留学と海外インターン先としてのフィリピン

今後のキャリアや人生を考えて、近いうちに何らかしらの形で海外経験を積みたいと考えた時に、留学や海外でのインターンは魅力的な選択肢となります。そんな時に悩むのが行き先です。行き先によって得られるものや能力が異なってくることは事実です。また国や地域によってかかる費用に大きく差が出てくることも確かです。欧米に比べて物価などが安いこともあり、全体的に安く滞在ができることから、長期間滞在する場合、特に魅力的な選択肢に見えると考えられます。そのため、しっかりと行き先ごとにメリットや価格を比較しておくことが必要です。そこでここでは、行き先の候補として最近出てくる機会も増えてきているフィリピンに焦点を当て、行き先としての魅力やメリットについてお伝えしていきます。

留学先としてのフィリピンについて

英語圏ということで、語学を強化することに関しては短期と長期を問わずニーズに応えられる行き先と考えられます。特に短期に関しては語学学校が近年充実しており、1年中どのタイミングでも受け入れ態勢が整っている状況です。授業時間も欧米の語学学校と比較しても非常に多く、短時間で効率的に語学力を身につけるには最適の行き先といえます。また語学学校に関しては長期滞在も可能ですので、半年滞在し、一気に英語力を向上させることもできます。英語力の向上を主目的としていない場合、大学などに留学する形になると考えられます。その場合は国内の大学を通じて現地の大学で講義を受ける、という形になることが予想されます。どのケースでも欧米に比べて費用を抑えることができることが大きなメリットです。

海外インターン先としてのフィリピンについて

海外インターン先としても非常に魅力的な環境が整っています。社内でのコミュニケーションに英語が日常的に必要とされる環境ですので、英語力を自然に高めることができるメリットがあります。また、欧米の企業にインターンを申し込む場合に比べて、応募段階で求められるスキルがそれほど高くない傾向があります。さらに現地での滞在に必要な居住地や生活費に関しても、物価が安いこともあり受け入れ先企業が支給してくれるケースが多いです。そのため、現地への渡航費や少しの貯金があれば、安心して長期間滞在し、ビジネススキルや英語力を向上させることができます。このように、海外で働く経験を積みたいと考えている方々にとって、海外インターン先としても魅力的な滞在先といえると考えられます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加