社会人のビジネス英語習得を目的としたフィリピン留学

語学学習が求められるのは、学生時代だけとは限りません。社会人になり会社員生活が始まってからも、勤め先から英語をはじめとする語学力の向上を求められる傾向は強まっています。企業側もビジネス英語の習得を目的とした研修や留学プログラムを用意するようになっています。こうした状況において、フィリピンでの語学学習も、ビジネス上の英語の習得に有益なのではないか、として注目を集めています。そこでここでは、学生の短期や長期の語学留学のイメージが強いフィリピンでも、ビジネス英語が学べることについて詳しく説明していきます。特に語学学校の環境や、ビジネスで使える英語を取得できる授業内容の組まれ方を中心に、ビジネスを目的としていても効果的な滞在になることをお伝えしていきます。

滞在することになる語学学校の環境

実際に滞在する語学学校の環境ですが、やはり学生が中心の環境となります。そのため、よく言えば若さがもたらす熱気を感じられ、悪く言えば若さゆえの騒がしさを感じながらの生活を強いられることとなります。社会人として学生と比べて何も得るものなく帰るわけにはいかないと考えられるため、学生と同じテンションで遊んでしまわないように注意することが必要です。しかし基本的には、起床時間から就寝時間までの大半がレッスンとなっているため、自らを律して語学学習にまい進していれば問題はないと考えられます。料金は高くなってしまいますが、語学学校の近くのホテルに宿泊し、そこから語学学校へ通うことも可能なプランを用意している語学学校もあるので、行く前に相談してみることがおすすめです。

ビジネス英語習得のためのカリキュラム

フィリピンの語学留学は、少人数制で様々な授業の種類があることが特徴であるため、ビジネス英語の習得を目的としたカリキュラム作成にも当然対応することができます。本人の英語力をまず語学学校に入学する際に測定するテストを受け、その成績をもとに、どれくらいの難易度のクラスを受講するかを決定する方式が一般的です。そのため、現状の英語力についてはまったく心配する必要性はありません。ビジネス英語強化を目的とする場合、TOEICの得点アップを目的とした授業に加え、ビジネスメールや会議形式の英会話、商談で必要となる英語など、細かなケースに応じた対策を授業ごとに行っていきます。これらの授業を組み合わせることで、TOEICの点数アップと実務で必要になる英会話を同時に身につけることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加